シミウスが口コミ、効果で好感

 

余ったジェルはこう使う!顔のついでに他の場所もお手入れ

 

シミウスでお顔をリフトアップマッサージをしているときに、「なんだか少しジェルが余っちゃったな…」なんて経験ありませんか?シミウスはジェルの伸びがとても良いので、少量でマッサージができます。

 

お手入れガイドにも使用の目安量は書いてありますが、それでも余ってしまう人も多いはず。

 

特にシミウスを購入したばかりの方は、スパチュラで量を調節するのも少し難しいですよね。

 

「ジェルが余った!」そんな時はひじ、ひざ、かかともついでにケアするのがおすすめです。

 

ひじやひざ、かかとなどは常に衣類などの摩擦や体重がかかるため、肌が特にダメージを受けやすい場所です。

 

さらに皮脂の分泌が少ない部分なので、乾燥してバリバリになり、痛いひび割れを起こす可能性も。

 

そうなる前に、「ついでにお手入れ」してしまいましょう!シミウスジェルで顔をマッサージした後、手に余ったジェルを乾燥の気になるひじなどの部分に塗り込むだけです。

 

毎日潤いを与えることで、乾燥した部分もしっとりとやわらかいスベスベなお肌になりますよ。

 

 

簡単!マッサージのコツと手順

 

効果的なマッサージ方法は、シミウスのお手入れガイドに掲載されています。

 

最初は複雑そうだと感じるかもしれませんが、数回で覚えられるくらい簡単なんです。

 

まず最初に、耳の下にあるリンパ節をほぐしましょう。

 

ここがスムーズに流れていると、マッサージ効果がより高くなります。

 

痛気持ちいいと思う程度の力で、ゆっくりと押していきましょう。

 

耳の下の硬さがほぐれたら、次は手をグーの形にして頬の下の方を、口角のあたりから耳の下に向かって、ゆっくりと流すようにほぐしてゆきます。

 

右側を数回、次に左側を数回、という感じで交互に行ってゆきましょう。

 

この時、意外なほど表情筋が凝っていることに驚く人が多いです。

 

筋肉がほぐれると、血流がよくなって頬がポカポカと温かくなります。

 

次は顎関節です。

 

あごを開閉するのに使うところです。

 

ここを、指先で円を描くように、ゆったりとマッサージします。

 

最後に、再度手をグーの形のして鼻の横にあて、そのまま頬骨を経由して耳の下へと、軽くマッサージします。

 

溜まっていたものを耳の下のリンパ節へ流すイメージです。

 

どの段階でも、指先や手に必要以上に力を入れることはありません。

 

でも効果はてきめん。

 

お顔がスッキリと軽くなった感覚が得られます。

 

まずはお手入れガイドを見ながら、気軽に始めてみてください。

 

 

ホワイトニングリフトケアジェル後のメイクのノリは?

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルは、マッサージ後拭き取りいらずでメイクできるので時短に適しています。

 

シミウスジェルを代表とするオールインワンジェルにも、心配点はあります。

 

その1つは、メイクのノリです。

 

メイクのノリが悪ければ、朝のメイク時間を短縮しても意味はないような気がします。

 

よくメイクのノリと耳にしますが、その要素は「肌のキメ」となります。

 

綺麗にメイクがのるには、肌のキメが整っている事が必要ですし、メイクのノリがわるくなるのは、肌のキメが乱れ肌の状態がよくないからです。

 

なぜ、肌のキメが乱れるのでしょう。

 

それは、肌の乾燥が大きく関わっています。

 

肌が乾燥すると肌の水分量が減ることになり、細胞がしぼんでしまってキメが乱れガタガタになってしまうのです。

 

ですので、メイクするにも保湿が重要な事がわかりますね。

 

ですが、メイクのノリのため、朝忙しい時にシートパックを使える余裕なんてほとんどの方がないと思います。

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルは、含有成分に「ヒアルロン酸」「プラセンタエキス」「コラーゲンエキス」「シコンエキス」などの保湿や潤いの手助けとなる成分があります。

 

シミウスジェルで1分マッサージするだけで、シートパックしなくてもしっかり潤い保湿成分が働くので、メイクのノリがよくなります。

 

オールインワンジェル特有のベタつきもなく、拭き取る必要もないのでメイクにすぐ取りかかれます。

 

個人差があると思いますが、美白だけじゃなく保湿にこだわりを持っている方にも、保湿成分が優れているジェルですのでメイク前の使用に適していると思います。

 

 

 

マッサージは日焼けをしていてもやっていいかどうか気なりませんか

 

スキンケアやファンデを忘れて外出して、日焼けの経験はないでしょうか。

 

日焼け後にマッサージしていいかどうか、悩みますね。

 

紫外線をたくさん浴びて、できれば肌を整えたい気持ちが強くなり美白化粧品を使いたくなりますね。

 

しかし、日焼けは軽いやけどということはご存知でしたでしょうか? いつも問題なく使っている化粧品も、日焼け後は刺激になることがあります。

 

化粧品の成分に詳しい人以外は、避けたほうが肌のためになります。

 

シミウスジェルも、敏感肌でも使えるジェルですが日焼けの後は控えたほうが肌のためです。

 

日焼け後は、肌を冷やして刺激が少ない保湿ローションでケアしましょう。

 

日焼けをした日のマッサージは、しないほうがいいということが答えになります。

 

赤くなっていなくても、日焼けはしているので気を付けましょう。

 

肌の状態が傷ついています。

 

少しでも日焼けしたと思ったら、マッサージをやめて化粧品も選ぶということがポイントです。

 

 

うっかり!日焼けした後シミウスは使っていいの?

 

曇りの予報だから紫外線対策をしなかった。

 

そんな日に限って晴天だった経験はありませんか?そんなつもりではなかったのに日焼けをしてしまったとき、シミウスでマッサージはしていいのでしょうか。

 

そもそも、日焼けすると肌はカラカラに乾燥して砂漠のような状態になっているんです。

 

また、日光の暑さでやけどをしていると言っても過言ではないほど肌はダメージを受けている状態。

 

肌は強いダメージを受けていると外部からの刺激に対して敏感になっているので、いつものスキンケアで荒れてしまうこともあります。

 

以上のことから分かるように、日焼けした日のシミウスのマッサージは絶対にNG!日に焼けてしまうと焦ってすぐにでも美白ケアをしたくなりますが我慢してまずは応急処置をしましょう。

 

正しい日焼け後の応急処置は、とにかく保冷材などで肌を「冷やす」ことです。

 

肌がやけどをして熱を持っている状態なので、冷やすことでダメージを最小限に抑えることができます。

 

そして冷やしたあとはたっぷりと保湿してあげてください。

 

このとき、ホワイトニングなどの成分が入ったスキンケア商品ではなく敏感肌用などお肌に優しいものを使ってくださいね。

 

お肌をいたわってしっかりと日焼けのダメージを修復することが第一に行うべきことですので、まずはきちんとアフターケアをしてあげましょう。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ