マッサージは強すぎると逆効果

マッサージの強さどのくらいでしてますか。

 

強すぎると逆効果です。

 

強すぎると マッサージはお顔の筋肉やお肌に対して摩擦によるダメージを与えてしまいます。

 

その結果お肌が炎症を起こしてしまうことがあります。

 

炎症を起こしてしまうとメラニン色素を過剰に作り出してしまうんです。

 

これではまたシミになってしまいます。

 

摩擦を起こさない力加減でマッサージをすることが重要です。

 

せっかくマッサージをしたのに逆効果では困りますよね。

 

しかし摩擦を起こさない程度の力加減って難しいですよね。

 

人それぞれの感じ方もありますし、それぞれのお肌の状態によっても変わります。

 

例えばお肌が乾燥している人とお肌が潤っている人では乾燥している人の方が摩擦が起きやすいです。

 

なのでこれがいいという基準はありません。

 

しかしシミウスジェルを使う場合はわかりやすいんです。

 

もし顔が引っ張られるような感覚になる場合は力が強すぎる、もしくはジェルが少なすぎます。

 

弾力のあるジェルなので適量使えば顔が引っ張られるようや感覚にはならないはずです。

 

これを目安にしてみてください。

 

お肌が弱い方は優しく触れるくらいでいいんです。

 

SIMIUSホワイトニングリフトケアジェルは朝、晩の2回マッサージをしながら使ってみてください。

 

先ほどの力加減を参考にしながらマッサージをしっかりして、お肌のターンオーバーを促し、シミを早く垢として体から排出しましょう。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ